• 今あるはただ神の恵み

大河原教会から歩いて3分ほどの大河原教会。
そこからさらに北に向かって500メートルほど行ったところにあるのが第二光の子保育園。

P1110356

ここに、平塚幹夫先生をお訪ねしました。

P1110360

80年以上の歴史のあるこちらの保育園。
もともとは教会の敷地内にありましたが、現在は教会とは別の場所に2つの園舎が。第一光の子保育園には約200人、第二光の子保育園には約130人もの子どもたちが通ってきています。

4年前の地震のときは、ちょうどお昼寝から起きる時間。そのため、園児たちは皆まとまって一つのところにいて、しかも、なんとその日の午前中に避難訓練をしたばかり!

ライフラインが止まってしまったため、保護者が迎えに来るまで懐中電灯の明かりの中で過ごしたものの、みんなとても落ち着いていたそうです。普段ははしゃいで言うことを聞かない子どもたちも、直前の避難訓練のとおりに行動できて、誰も泣き出す子どもがいなかったと伺い、驚きました。
おとなだって不安になってしまうような状況の中、きっと平塚先生はじめ、保育園の先生がたが一緒にいてくださることが、子どもたちの安心につながったのでしょうね。

保護者の方の中には役所にお勤めのかたもいらっしゃるため、震災翌日も保育園は休むわけにはいかないと、電気もつかない、食材もない中、子どもたちをお預かりしたと伺い、頭の下がる思いがしました。

また教会としては、震災後、仮設にお住まいの方々にお米を配布する活動のお手伝いをしてきたとのこと。

仮設にお住まいの方々の中には、世の中がどんどん復興すればするほど、自分たちは取り残され、忘れ去られていくような寂しさを覚える方々少なくないそうです。そのような方々にお米をお届けすることは、お米という実質的な支援以上に、「忘れていませんよ」というメッセージをお伝えすることになるのだそうです。

そしてもうひとつ印象的だったエピソードが。
大河原教会ではもともとアルファ米を備蓄していて、これが震災のとき、特にご高齢の方々に大変ありがたがられたそうです。

なるほど!教会に非常用品の備蓄、大切ですね!

***教会のご案内***
日本基督教団大河原教会
住所:宮城県柴田郡大河原町大谷字盛22
電話:0224-52-1148
礼拝開始時刻:日曜午前10時半
http://church.ne.jp/oogawara/

P1110357 P1110359