• 今あるはただ神の恵み

日本キリスト教会小樽シオン教会

取材2日目は時より雪がちらつくも快晴。しかし、道は昨夜一旦凍ってから溶け始めて、気を抜くとツルッと…。

そんな中で、まずは一つ目の教会へ。小樽駅から歩いて10分ほどのところにある「日本キリスト教会小樽シオン教会」に牧師の北村一幸先生を訪ねました。

北村一幸先生北村先生のご出身は長崎とのこと。ご実家がカトリックなのかなと伺えば、ご実家は仏教で、実は長崎では基督教は黒教と呼ばれ、キリスト教が根付く数少ない土地柄ゆえの差別や偏見もあるとも。そんな北村先生が教会へ導かれたのは、大学で上京した後のこと。下宿先の同郷の先輩が、教会へ通いだしたことがきっかけだそうです。その先輩が「君は来なくて良い。悩むのは俺一人で十分だから。」と言ったことが天邪鬼の自分にはむしろ良かったと語ってくださいました。
そんな興味本位で教会へ通っていたので、聖書や説教についてあれやこれやと牧師に質問攻めをする日々の中で、先生をとらえたのは祈りと当時の牧師の生き方・その姿だったそうです。

騙されたと思って祈ってみようとした祈りが聞かれた時に、神は確かに生きておられると信じることができたとのこと。そして祈れ、祈れと言っていた牧師の苦労される中でも神に自身を捧げる姿勢が先生をキリストへ導いたと語ってくださいました。

その後神学校へ進まれ、卒業後は遠浅教会(苫小牧市近郊の安平町)、旭川、そして小樽で20年目と北海道で福音を伝え続けておられます。

小樽シオン教会礼拝堂

小樽は歴史が浅い北海道の中でも古い時代に栄えた古い街。それだからこそ、人との絆、ほっとできる関係づくりを大切にしながら地域にイエスの福音を伝えていきたいと語っておられました。

取材は付属のロース幼稚園が建物を改築する際に、一時的に利用していた部屋で行わせていただきました。伝道を始めて120年を超える小樽シオン教会。古い町に息づくキリストの教会です。

小樽シオン教会案内板

日本キリスト教会小樽シオン教会

牧師:北村 一幸
住所:小樽市富岡1丁目2−1(駐車場あり)
電話:0134-32-7758
教団HP内案内:http://nikki-hokkaido.net/kyoukaisyoukai/otaru.html

取材を終えて小樽駅近くの宿泊していたホテルへ。その1階にあった寿司屋で、何とワンコイン海鮮丼の文字が。そこでランチをしました。お仕事中と思われる方も続々と来店して、人気のお店なのでしょう。特にコスパ的に。