• 今あるはただ神の恵み

日本キリスト教団手宮教会(イラスト)

日本キリスト教団手宮教会は小さな高台の上にある幼稚園が併設された教会です。

小樽駅から北海道中央バスの赤岩線、赤岩ぱるて築港線、祝津線に乗り10分ほどの最寄りの「常盤通」停留所で下車。そこから住宅街の中を歩くと、坂道があります。
そこをちょっと登ったところが教会です。

常盤通バス停手宮教会道中風景手宮教会道中風景その2

まず目に入ってきたのは十字架と幼稚園の園庭。
また高台にあるためそこから港町小樽を望む眺めが格別です。

手宮幼稚園園庭から市街を望む

榮まり子先生幼稚園兼教会堂に入って、ある一室で待っていると現れたのがこちらの教会で伝道師をされている榮まり子先生。
先生は山梨・甲府のご出身で、クリスチャンホーム育ち。中学2年の時に洗礼を受けられクリスチャンになられたとのこと。そんな榮先生ですが、実は大人の礼拝に出席することに何よりの喜びを見出されていたというのです。聖書の言葉を通して神様ご自身の語りかけに耳を傾ける…それは、本当に何にも代えられないものですよね。
榮先生はその後東京神学大学に進まれます。「難しかった。特に語学が…」と。
そこで、何とか乗り越えられたのは「あなたが今ここにいるのはあなただけの思いじゃない」との先輩の言葉があったからとも。神様が全ての責任をとってくださると感じられたと笑顔で語ってくださった榮先生でした。

手宮教会併設の幼稚園(手宮幼稚園)は余市教会のリタ幼稚園や小樽教会の小樽中央幼稚園と同じように北海道キリスト教学園という北海道にある日本キリスト教団の教会が立ち上げた15の幼稚園のグループに属しているんです。
榮まり子先生はその園長もされているんですね。

礼拝堂の窓からの景色

そして、この手宮幼稚園は先ほど取材した小樽聖十字教会の「なごみの会」の皆さんとも交流を続けておられるとのこと。

厳しい状況が続く地方で、このようにして地域の教会が連携して、広く地域の人々と福音を共に生きようとするその働きがますます祝福されますようにと祈りつつ教会を後にし、帰京の途へ。

個人的に今までに一番辛い状況の取材でしたが、そこでも確かに神様に与えられた出会いは心に残るものとなりました。

日本キリスト教団手宮教会

日本キリスト教団手宮教会
伝道師:榮まり子

住所:小樽市豊川町2−12
電話:0134-22-0067
HP:http://www.temiya-church.com/