• 今あるはただ神の恵み

2日目は、鹿児島市を朝一番で出発し、フェリー経由の「直行バス」でおよそ2時間。まず、鹿屋市のイムマヌエル綜合伝道団鹿屋キリスト教会をお訪ねしました。こちらでは、牧師の前田政子先生と定住伝道師の寺村達郎先生が歓迎してくださいました。

直行バスの停まる「鹿屋体育大学」まで、寺村先生が車で迎えに来てくださいました。車で5分ほど、道路沿いには大きな看板が出ています。

20150902095501P1130256-2

豊かな自然の中にある素敵な会堂です。居心地が最高によくて、本当は仕事を忘れて一日中滞在したいくらいでした。クリスチャンの設計士の方によって、教会から見える山から取ってきた地元の杉で建てられているのだそうです。

20150902105733P1130247-1

20150902105020P1130264-1

前田先生は、富山県生まれ。東京で教員のお仕事を6年間勤められていた中で、ご自分としては「これから」という時だったそうなのですが、神様に「あなたでなければできないことがある」と声をかけられたのだそうです。それを受けて、「魂の救い」のために働こうと決心しました。そして、神学校を卒業と同時に、33年前からこの鹿屋での開拓がスタートしたのだそうです。

20150902105846P1130275-2

寺村先生は、その開拓1年目に小学生で受洗。現在は、この教会を前田先生とともに支えておられます。

はじめは前田先生が協力者のおばあさんと2人で寝泊まりをしながらだったという教会開拓。農家生まれの先生は、「伝道は農業とすごく似ているんですよ」と語られます。この街で、いろいろな人たちから学びながら、コツコツとできることをやっていく――「私が何かやってきたわけではありません。全部、向こうからやって来ました。だから私は、聖書しか語れないですね」と。

教会には、鹿屋体育大学の教員の方々や留学生などの学生たちをはじめ、様々な国籍、そして、教派の方々が集われています。

「若い人は何を考えているのかな」と、学食に会話を聞きに行くこともあるそうです。

20150902110026P1130269-3
講壇の下には、各国語の聖書。

地方の教会だから、なにもできないわけじゃない―置かれた場所で使命に生きることを教えられた時間になりました。

教会では、毎週土曜日に韓国語講座が開かれ、地域の人たちが喜んで集われています。

20150902105951P1130274-1

***教会のご案内***
イムマヌエル綜合伝道団鹿屋キリスト教会
住所:鹿児島県鹿屋市上野町5281-1
電話:0994-40-1430
礼拝時間:日曜午前10時00分より