• 今あるはただ神の恵み

今回の取材の最初の教会は、
枕崎市にある日本バプテスト連盟伊集院キリスト教会枕崎伝道所。
枕崎市の唯一のプロテスタント教会です。

こちらが、担任牧師の馬渡(まわたり)健太郎先生。

馬渡先生は、小学生の頃に教会学校へ行かれたのがキリスト教との最初の出会い。教会学校の先生方の率直な信仰の姿に、「神様の愛」を感じておられたそうです。

かつては、いじめを受けたこともおありだったそうですが、その時にも教会学校で語られたメッセージ「どんな者でも、神様はお見捨てにならない」ということが支えになっていたとおっしゃいました。
子どもたちの心には、私達が気づかないだけで、主イエスの福音は届けられているんですね。

もともとノンクリスチャンのご家庭で育った馬渡先生は、牧師になるために神学校進学することにもご家族の理解を得るためにご苦労されたそうです。
枕崎市のような地域であれば、そうした先生ご自身のご苦労は特に用いられるのではないかと感じました。

かつお漁で栄えた枕崎市。そうした街の雰囲気もあるのでしょうか、伝道に難しさを覚えることもおありとのこと。鬱々としていた時に、ふとご近所の方が訪ねてきて下さり、その方が信仰に導かれたと仰います。
「自分のような器を通しても、主は働かれる。伝道は主の働きです。」と先生は仰っておられました。
そのような謙遜の器を、主が更に用いて下さることを祈りつつ、次の教会へと向かいました。

 

***教会のご案内***
日本バプテスト連盟伊集院キリスト教会枕崎伝道所
住所:鹿児島県枕崎市住吉町123
電話:0993-72-1850
礼拝時間:日曜午前10時30分より