• 今あるはただ神の恵み

resp160621_02

この日最初の取材先である日本バプテスト連盟枝光(えだみつ)キリスト教会へ向かいました。JR小倉駅より鹿児島本線に乗ること10分、最寄り駅の一つであるJR枝光駅駅に着きました。あいにく本日も曇天、時折雨がポツポツ降る中で、徒歩15分ほど歩くと住宅街の中に教会が見えてきました。

resp160621_01

教会の写真などを撮ってから、牧師先生らしき人が玄関先で何やら電話されていて…実はこの時ちょうど入院されていた教会の方が容態が急に悪くなったそうで、入院先からの連絡だったとのこと。あらためて教会が病床訪問や看取り、そして葬儀といった人の生と死に関わり、それを見つめる場なのだと思わされました。

resp160621_03
取材を遠慮しようか伺いましたら、こちらの教会の牧師の岩崎一宏先生が穏やかなに「せっかく来られたのですから」と。そこで、手短に取材を進めさせていただくことに。

resp160621_06

こちらの教会に来られてから20年が過ぎたという岩崎先生は22歳の頃、人間関係に悩んで近くの教会へ。そこで、出会った牧師先生が本当に家族のように受け入れてくれたことで、今あるとお話しくださいました。そこで、牧師の働きの大切さを知り、ご自身もそのお働きへ。現在は、保護司・ホームレス支援・カルト被害者の支援など社会に向けて仕える働きをされておられます。
特に、カルトの被害者支援の働きでは、キリスト教を語るカルトで知られる統一協会の被害者を支援する働きを中心にされておられるそうです。ただ、一般の方にとってカルトの相談をキリスト教会でというのも、躊躇いがあるもの。そこで、岩崎先生は次の団体をご紹介くださいました。

・全国霊感商法対策弁護士連絡会>>
・全国統一協会被害者「家族の会」>>
統一協会で苦しんでおられる方やお知り合いの方は、ぜひ一度ご相談くださればと思います。

resp160621_27

また、先生も加盟されている日本脱カルト協会では、教会や牧師が被害者の方と関わる際に、宗教リクルートをしてはならず、また統一協会のような問題を異端の問題ではなく反社会的団体の問題として取り組むことが大切とされているとのこと。大切なポイントなのですね。
このような働きをされながら、キリストに仕える岩崎先生の思い。それは神は教会を超えて全ての人を愛していて、教会はそれをわかちあうためにあるということ。短いながらもとても貴重なお話を伺えた取材でした。

resp160621_04

resp160621_05日本バプテスト連盟枝光キリスト教会
住所:福岡県北九州市八幡東区白川町10-36(駐車場あり)
交通案内:JRスペースワールド駅または枝光駅より徒歩15分ほど/西鉄バス「枝光本町」より徒歩5分ほど
電話:093-681-4150
牧師:岩崎一宏
集会案内
・主日礼拝 毎日曜日午前11:00〜
・教会学校 毎日曜日午前10:00〜
・祈祷会 毎水曜日午前10:30〜/午後7:30〜
※11月第2土曜日に「大バザー」と題して地域に向けてバザーを行っています。

取材日:2016年2月29日(最新の情報は教会へご確認ください。)