• 今あるはただ神の恵み
P1150002
直方市内の数ある建物の中で、ひときわ目を引くカトリック直方教会。壮観です。
聖公会の牛島先生が車で送って下さり、到着。
大塚了平神父さまがあたたかく迎えてくださいました。
P1150017
熊本県合志市出身の神父様がカトリック教会とであったのは、なんと韓国!
大学時代にソウルへ1年間留学。その下宿先のご家族がカトリック信者で、食事のお祈りやロザリオなど、信仰が生活に根づいている姿が印象的でした。
友人もクリスチャンの方が多く、また、日本語が恋しくなった時に三浦綾子文学をよく読むようになるなかで、ついに教会へ。韓国で一番歴史の古い「明洞聖堂」へ通い、受洗。帰国してから初めて日本の教会へ通うようになりました。当初は、日本語のミサになかなかなじめなかったんだとか。

 

◆受ける側から与える側へ
P1150011
直方教会には2015年に赴任。
神父様がいつも意識していることがあるのだそうです。
それは、「今ここにいない人」。
「いないからこそ、いない人たちのことを考えるのです」とも。
みんな「開かれた教会」を望んでいるのに、人間の限界でどうしてもいつの間にかできてしまう見えない壁。
自分も教会には外から入ってきたので、その壁を取り除いていきたいといつも願っています。
例えば、何か行事や奉仕一つでも、今すぐに必要でなくても、もっと多くの人が一緒に出来る方法を考えているのだとか。
 「神父も信徒もみんないっしょに別け隔てなくキリストの使命に生きることを目指したいと思っています」
そんな神父様は、子ども向けにお話をするときにも、「言いたいことは子ども向けにしません」
でも、大人と同じように語るのでは伝わらないので、いろいろと考えたり工夫をしたりします。
その中で、また自分も深められていくんです。
インタビューから、神父様の本気が伝わってきました。

 

取材日:2016年2月26日
※最新の情報に関しては、教会に直接お問い合わせください。

 

***教会のご案内***
カトリック直方教会
神父:ルカ大塚了平
主日ミサ:第1・2・5日曜11:15〜、第3・4日曜9:00〜
〒822-0002 福岡県直方市大字頓野字縄手下3891-1
電話:0949-22-1147
大塚神父様は第1・2・5日曜9:00〜、第3・4日曜11:15〜の時間帯、カトリック田川教会でごミサをしておられます。
そちらにもぜひおでかけください。