• 今あるはただ神の恵み

桂駅から徒歩15分ほどの京都一麦桂教会に、こちらで30年以上に渡り牧師をされている早川和生先生をお訪ねしました。

先生は若い頃、熱心に教会に通うお母様に勧められ、親孝行のつもりで参加した教会の青年キャンプでイエス様を信じます。「でもその後が山あり谷ありでした」と。
毎年、教会のキャンプに参加すると感情が燃え上がり熱心になるものの、やがて冷めて…の繰り返しで「キャンプ男」とあだ名がつくほどだったそうです。

「こんな信仰ならもう辞めようか…」と思いながらも、「献身すればマシになるかも…」との気持ちで献身。けれどもそれも挫折し、就職するも人間関係が上手くいかず…。当時のことを振り返って「自分に愛想が尽きて、「つまらない」の塊のような生活でした」と赤裸々にお話しくださいました。

PENTAX DIGITAL CAMERA

それでも不思議なようにその都度、神様から御言葉をいただき、再び献身の道を示されます。「私は失敗した者ですから…」と祈る中で「主がお入用」との御言葉が与えられ、「じゃあ、よろしくお願いします。ただ食べることに関してはこれから先も守ってください」とお応えして、牧師としてお仕えする道に進まれたのだそうです。

 PENTAX DIGITAL CAMERA

早川先生は、教会で毎月「むぎ新聞」を発行し、そのようなご自身の体験談や、日常や社会の出来事を見て感じたことなどを教会の皆さまと分かち合っています。

こちらの京都一麦桂教会は、目の前が小学校の通学路ということもあって、毎週土曜日午前中の教会学校にはご近所のお子さんが数名集まります。
日曜日の礼拝には15~6名ほどの方々が集い、礼拝前には毎週おとなの教会学校も開かれています。

PENTAX DIGITAL CAMERA PENTAX DIGITAL CAMERA

取材日:2016年3月5日
※最新の情報に関しては、教会に直接お問い合わせください。

***教会のご案内***
活けるキリスト京都一麦桂教会
牧師:早川和生
〒615-8252 京都府京都市西京区御陵北山下町22-18
電話:075-392-0104
ホームページ:http://www.geocities.jp/kyoto1k/