• 今あるはただ神の恵み

dscn0533

長府を後にして、再びサンデン交通のバスにて次の訪問先である日本基督教団下関丸山教会へ向かいました。

dscn0528dscn0529
下関丸山教会は下関のミッションスクール梅光学院の中・高等学校の向かいに位置する路地裏にあります。最寄りのバス停は「梅光下」ないしは「丸山町」。バス停を降りると、地名にある通り小高い山(丸山)にあるためか、坂からは下関が望める素敵な場所にあります。素敵なのはそれだけではありません。こちらの教会の礼拝堂も文化庁の登録有形文化財だそうで、白亜のランバス記念会堂が出迎えてくれました。
dscn0548
お話を伺ったのはこちらの教会の牧師の餅原研一先生。鹿児島生まれの大阪育ちという餅原先生は浄土宗の信仰を持つ家に育ち、大学卒業後は企業で経理などの仕事をずっとされてきたそうです。キリスト教との出会いは、大学の時。最初は反対していた餅原先生は先に教会に導かれていた弟さんの誘いで教会に通う羽目に。そこで、次第に自分を罪から救うため十字架に架かられたイエスを信じることができたと。そんな餅原先生が牧師を志すようになったのは、40代も半ばの頃。会社の同僚の病死と友人の自死をきっかけに、自分の生き方を見つめ直すことに。そこでホスピスの働きを本で知って福音を伝える仕事をしたいと思われたと語ってくださいました。実は福音派と呼ばれる教会の出身の餅原先生。ホスピスで働くことも考えていたため牧師の勧めもあって関西学院の戸を叩いたということで、かえって信仰の見識が広がったとも。「イエス・キリストの愛をいつも意識して、教会の違いを超えて働きたい」と語っておられました。

 

dscn0542そんなオープンマインドの餅原先生がおられる下関丸山町教会は、関西学院大学の創立者で、瀬戸内地方を中心に西日本に宣教をした明治の米国人宣教師ランバスの働きがきっかけで生まれた1904年創立の教会。メソジスト派の教会の印象を与える礼拝堂だけでなく、日本人のマイスターによるパイプオルガンも。定期的にオルガンコンサートもあるので、ぜひ一度おいでになってみてください。

dscn0539

 

日本基督教団下関丸山教会
住所:山口県下関市丸山町4-1-8(駐車場あり)
交通情報:サンデン交通バス「梅光下」または「丸山町」停留所より徒歩3-5分ほど
電話:083-222-5931
牧師:餅原(もちはら)研一
HP:http://maruyama.or.jp/
集会案内
・主日礼拝 毎日曜日 午前10:15〜
・教会学校 毎日曜日 午前9:00〜
・聖書研究祈祷会 毎水曜日 午前10:00〜
・婦人の聖書の学び 第3土曜日 午後1:00〜
※この他、ウクレレ教室や一般書を読む読書会、さらにはクリスマス前にはパイプオルガンコンサートもあります。詳しい日程などはぜひ教会へお問い合わせください。