• 今あるはただ神の恵み

西鉄久留米駅から歩いて10分、明治通り沿いに建つカトリック久留米教会をお訪ねしました。

p1150588

教会のお隣には聖母幼稚園が。

p1150587

久留米でのカトリック教会の宣教は、毛利秀包(ひでかね)が久留米領主であった時代(1587〜1600年)にまでさかのぼります。キリシタン大名として有名な大友宗麟の娘を妻としたことから、自らも洗礼を受けた秀包は、宣教師を保護し、教会堂を建立したと言われています。

実は現久留米市役所の基礎工事の際、地下から十字架が刻まれたキリシタン瓦や教会の建物跡が発見されたそうです!その鬼板瓦が毛利家家紋に似ていたことから、この建物が秀包の建てた教会と考えられているとのこと。

今回は行くことができなかったのですが、久留米市役所には、当時の教会を復元した模型が展示されています。

現在のこの聖堂は1955年に建てられました。

p1150586

 

先祖代々の熱心な信者さんがが多く、信仰の継承がしっかりとされているこちらの教会。今後はその信仰をどう地域の方々にお伝えしていくかを課題としていきたいと考えています。
また、フィリピンのかたが多いのもこちらの教会の特徴です。近くの歓楽街で働いていたフィリピン人女性と、彼女と結婚して一緒に教会に来るようになり洗礼を受けた日本人男性というカップルもいらっしゃるとのこと。

取材日:2016年4月10日
※最新の情報に関しては、教会に直接お問い合わせください。

カトリック久留米教会
住所:福岡県久留米市六ッ門町22-43
交通案内:西鉄久留米駅より徒歩10分
電話:0942-32-8011
司祭:宮崎保司
ホームページ:http://fukuoka.catholic.jp/kurumech.html(カトリック福岡司教区のページ)