• 今あるはただ神の恵み

JR大分駅から徒歩10分少々。
昭和通りの駅前の商店街を抜けたあたりにひときわ大きな存在感を放っているのは、カトリック大分教会です。

p1150803
取材時は「いつくしみの特別聖年」だったので、大分教区の巡礼指定教会であるこちらの教会の扉には、「いつくしみの扉」とあります。
p1150810
現在の聖堂は、1950年の定礎ということなのですが、中も外も非常にきれいで、年数を感じさせません。

p1150816
ステンドグラスの光も、とても美しいんです。
(カメラの性能がよくなくてごめんなさい!)
p1150814
こちらの教会の森園靖信神父さまにお話しをお伺いしました。
p11507819
森園神父さまは、神父歴30年。
別府のお生まれで、大分教区(大分県・宮崎県)の中では珍しい地元出身の司祭とのこと。
お母様の信仰から幼児洗礼を受けられ、小学5年生のときに初聖体をいただきました。
自ら、司祭とは、自分とはいったい何なのかを問い続ける歩みをされてきました。

しゃべるのも苦手。歌うのも苦手。文章を書くのも苦手な自分が、人を「天国に送り出す仕事」という最高の瞬間に与っている―そうおっしゃっておられたことが印象的でした。
ひとりひとりが協力して互いに生かされあいながら、祈り、ミサを大切にし続けたいと願っておられるカトリック大分教会です。

取材日:2016年5月12日
※最新の情報に関しては、教会に直接お問い合わせください。

***教会のご案内***
カトリック大分教会
司祭:森園 靖信 神父
〒870-0035 大分県大分市中央町3丁目7−30
電話: 097-532-2452
主日ミサ:日曜 午前9:30、午後3時(英語)、土曜 午後6:30
週日ミサ:月~木・土曜  午前6:20、金曜 午前10時
ホームページ:https://sites.google.com/site/parishoita/