• 今あるはただ神の恵み

一旦鹿児島中央駅に戻り、昼食をとってから再び次の取材先にバスにて向かいました。鹿児島大学郡元キャンパスに向かうバスで「法文学部前」にて下車し、そこから徒歩5分ほどのところになります。また市電では「騎射場」電停からも徒歩5分の距離です。


隣接する聖母幼稚園から聞こえる子供たちのにぎやかな声を聞きながら教会に入ると、主任司祭の泉浩二神父さまがにこやかに出迎えてくださいました。

こちらの教会の創立は1952年、戦後奄美から鹿児島市内に移住する数が増え、ザビエル教会の信者が広範囲から来られるようになったことに対応するためにつくられた教会ということで、最初の礼拝堂はなんと信者の方の手作りのものだったとのこと。


今も奄美がご出身の信者が多く、毎年2月頃に行われるバザーなどでは奄美料理が振る舞われるということで、泉神父自身も奄美のご出身!奄美のカトリック信者の多さは聞いていましたが、改めてそのことを実感しました。

そんな泉神父様。当然カトリック信者のご家庭に加えて、地域として信者の子弟は小学生の頃より教会にて教理教育を受けるなど当時は多くの子供たちが神父やシスターになるのがごく普通のことだったというのですから、「その他の」地域からすれば、なかなか信じられないお話です。
ですから、泉神父様も小学校を卒業すると、神父になるべく小神学校、大神学校と進まれ、教会での司牧のほか、司教の秘書や小神学校の院長などを今までされて来られたそうです。

そんな泉神父様が今あらためて大切にしたいとお話くださったのは貧しい人、困っている人、悩んでいる人に寄り添って生きることこそイエスの福音だということ。それは生き方なんだとも。「キリストによって、キリストと共に、キリストのうちに」と毎日のミサで唱えるその内容こそご自身の課題でもあると仰る神父様の眼差しが印象的でした。

取材日:2016年5月12日
※最新の情報に関しては、教会に直接お問い合わせください。


カトリック鴨池教会

住所:鹿児島県鹿児島市荒田2-53-11
交通情報:鹿児島市電「騎射場駅」・鹿児島交通「法文学部前」バス停より徒歩5分
電話:099-257-8097
司祭:泉 浩二
HP:http://kagoshima-catholic.jp/diocese/kagoshima/55.html
集会案内
・ミサ 主日 毎日曜日 午前6:30〜、午前9:00〜
・ミサ 毎日 午前6:30〜、毎金曜日 午後7:00〜
・聖書勉強会 毎月曜日 午後1:00〜
・グレゴリオ聖歌を歌う会 毎水曜日 午後7:00〜(※事前に教会へお問い合わせください)