• 今あるはただ神の恵み

教会を出て、近くのショッピングセンターで遅めの昼食を取り、次の取材先である日本基督教団都城妻ヶ丘教会に行くバスを待つことに。ここから都城妻ヶ丘教会へ向かいました。降りたバス停留は「妻ケ丘」なのですが、「中原橋」という停留所が最寄りとなります。ただ本数が…


歩くこと10分ほどで教会に到着しましたが、すぐ近くに大きな神社の鳥居があり、近寄ってみると「神柱宮」という歴史ある神社のようです。神社の周りは公園として整備されており、神道が色濃く息づく場所なのだと改めて感じました。

教会に到着するかいなかで、ちょうど牧師の山田雅人先生が建物から出てきて、そのまま取材に。夕方の晩御飯前の時間だったこともあって手短に取材を進めさせていただきました。

山田雅人先生は、高知県のご出身。牧師家庭ということですが、信仰を強いられたことは特になかったとのこと。中学3年で、洗礼を受けられた際も、聖餐のぶどう酒が魅力的だったからというのですから、いやはや正直な方です。大学を出られてから、ミッションスクールで14年間英語の教師をされ、その後牧師への道へ。ご兄弟も牧師とのことで、牧師である父親の背中を見て歩まれたのだとお話を伺って感じました。また山田先生が大切にされていることは、伝道が難しい土地だからこそ、ご葬儀のときは、本当の慰めとなるように人々に寄り添いたいとも。

 

そんな山田先生が牧師をされている都城妻ケ丘教会は創立65周年の教会です。ただ、実は前身となる組合派の都城教会から数えるとおよそ120年の歴史を持つ教会で、先の戦争により教会は閉鎖され、戦後新しい教会としてスタートしたとのこと。先の都城城南教会とともに、ここ都城でも戦争により日本の教会が大きな試練にあったことをあらためて考えさせられました。再びこのような厳しい状況に直面した時、今の日本の教会はどのようになってしまうのだろうかと…。そんなことを大きな鳥居を見上げながら、この日の取材を終え、宮崎市に向かいました。

日本基督教団都城妻ヶ丘教会
住所:宮崎県都城市中原町14-20(駐車場あり)
交通情報:バス「中原橋」より徒歩5分
電話:0986-22-1592
牧師:山田雅人
教区HP内:http://qsyu.tank.jp/miyazakichiku/miyakonojoutsumagaoka.htm
集会案内
・主日礼拝 毎日曜日 午前10:15〜
・教会学校 毎日曜日 午前9:00〜
・祈祷会 毎水曜日 午前10:30〜
※この他毎年11月頃に教会の幼稚園(妻ケ丘幼稚園)との合同のバザーもあります。詳しくは教会へ。

取材日:2016年5月13日
※最新の情報に関しては、教会に直接お問い合わせください。