• 今あるはただ神の恵み

今回の南九州の取材もいよいよ最終日。朝一番で最後の訪問先である日本福音ルーテル宮崎教会にバスにて向かいました。最寄りの停留所は「霧島3丁目」または「NHK前」となります。

お話を伺った牧師の秋山仁先生は、北海道は札幌のご出身。中学2年生の時、クリスチャンだった転校生に誘われて教会に行くようになったのがキリスト教との出会いで、それから教会に通うようになり、高校1年生のとき牧師に勧められて受洗を決められたそうです。高校卒業後、浪人時代を経て、関西学院大学神学部へ進まれました。ただ、そのときはまだキリスト教についてより深く学びたいとの思いがあったくらいとのこと。
そんな秋山先生に転機が訪れます。神学生の時に、日本福音ルーテル教会が大阪の釜ヶ崎でアルコール依存や路上生活などで生きるのに困難を抱えている方を支援している「ディアコニアセンター希望の家」での奉仕の経験から、周りで働くキリスト者、特に牧師の姿を通して、牧師への道を志したそうです。そこには、理想と現実のギャップの中で、ご自身が教会だけでなく社会に対してどう責任をもっていくか、向かい合うかを問われた経験があったと。その後日本ルーテル神学校を卒業してから、この教会取材でも以前お訪ねした静岡県袋井市にある新霊山教会で牧師の歩みを始められ、アルコール依存症セラピーを学ぶためドイツでの交換牧師としての留学経験を経て、再び釜ヶ崎の希望の家で12年間牧師として責任を負って来られたそうです。そこでは人の回復の道のりの厳しさと必要を感じた経験だったとも。その後、北九州、宮崎と移られ、宮崎教会には2013年から来られました。
このような道を辿ってこられたからなのでしょう。秋山先生が牧師として大切にされているのも「一人ひとりの人に関わる」ことに尽きるのではないかとお話くださいました。

そんな秋山先生がおられる日本福音ルーテル教会としては宮崎県で一つだけしかない創立55年の教会。現在は九州ルーテル学院のチャペルに移設されたパイプオルガンを用いて教会音楽を熱心に広めてこられたそうです。現在新しいパイプオルガンを準備している最中とのことで、宗教改革500周年の今年にはお披露目コンサートを企画しておられます。
また、10年の歴史を持つ市民クリスマスでのメサイヤコンサートもこちらの教会の以前おられた牧師先生が始められたとのことで、教会音楽による伝道を大切にされている教会です。

日本福音ルーテル宮崎教会
住所:宮崎県宮崎市船塚3-40(駐車場あり)
交通情報:宮崎交通「霧島3丁目」停留所より徒歩3分、「NHK前」停留所より徒歩10分
電話:0985-24-5438
牧師:秋山仁
HP:http://www.miyazaki-jelc.org/
集会案内
・主日礼拝 毎日曜日 午前10:30〜
・聖書研究会 毎水曜日 午前10:30〜、午後7:30〜
※この他年数回オルガンコンサートなどあります。詳しくは教会まで。

取材日:2016年5月16日
※最新の情報に関しては、教会に直接お問い合わせください。