• 今あるはただ神の恵み

カトリック南宮崎教会は、宮交シティーバスセンターからも、JR南宮崎駅からも徒歩5分ほど。
非常にアクセスしやすい場所にあります。
p1150916
こちらの教会に、ダ・ロイト・シルバノ神父様をお訪ねしました。
p1150928
驚いたのは、こちら!

p1150917
神父様は日本人を知るためにと茶道の修行をなさり、茶名もお持ちです。
逆に、日本人の私は正しい飲み方もわからず、お恥ずかしい限りです。
千利休は、宣教師たちのミサを見て、お茶の道を始めたのだと伺いました。皆さん知ってました?

フランス生まれのイタリア人で、今年61歳になられる神父様、人生の半分以上を日本で過ごされています。
幼いころから宣教師になりたいという思いをお持ちで、11歳の頃、日本へ派遣されているサレジオ宣教会の宣教師に会う機会があったのがきっかけで「日本に行きたい」という思いを固められ、26歳で神父になってすぐ日本へ派遣されました。

神父様は、外国の教会も日本の教会から影響を受けるべきであると語ります。
この2年間は、なんと祝詞をイタリア語に訳しておられるのだそうです。古代から日本人が信じてきたことを知りたいのだと。

p1150925 p1150924
神父様が大切にしておられることは、徹底的に主イエスの福音に、そして、それを伝える説教にこだわること。
そして、イエス様の家族のメンバーとして、みんながお互いに手伝いあいながら、その愛に生きること。
神父様ご自身も、いつも助ける人が与えられて、その憐れみに支えられてきたからこそ、「イエスのことを誰にでも話したい」「福音のことをいつでも話していたい」と力強くお話しくださいました。

p1150926

「教会は誰でも使っていいところ」と仰る神父様は、地域の方々の居場所となれるよう、様々な活動に場を提供しています。
韓国語とスペイン語のミサも行われています。

p1150919 p1150920 p1150923

「失敗は大切なことです。地獄の1ミリ上までは行けます。でも、どんなどん底だって、イエス様は必ずそこまで救いに来てくださる。」ともお話しくださいました。

p1150921

日本を愛し、イエス様の絶対的な救いを伝えようとされる神父様のご熱意に、大変感激し、励まされた取材となりました。感謝!

取材日:2016年5月16日
※最新の情報に関しては、教会に直接お問い合わせください。

***教会のご案内***
カトリック南宮崎教会
司祭:ダ・ロイト・シルバノ 神父
〒880-0915 宮崎県宮崎市恒久南1丁目11−1
電話: 0985-52-0214
主日ミサ:日曜 午前9:00、平日ミサ:18:00
土曜ミサ:19:00
神父様のブログ(ミサ説教):http://silvanodaroit.hatenablog.com/
p1150915