• 今あるはただ神の恵み

再びバスにて泊まっていたホテルに一度戻ってから、この日2つめの取材先にJRにて向かいました。お訪ねしたのは日本ホーリネス教団芽室キリスト教会です。JR芽室駅より徒歩10分位の住宅街の中にあります。

JR芽室駅

お話を伺ったのは、牧師の尾崎豪(たけし)先生と奥さま。
ちょうど、前日伺った救世軍帯広教会の朝澤先生も来られていて、青年たちと賛美集会(レゴ)を行っていました。そんな中で、取材がはじまりました。

取材直前に持たれていたユース向け賛美集会(レゴ)のチラシ
初代牧師先生ご夫妻

創立は1971年の日本ホーリネス教団芽室キリスト教会。芽室出身の初代の牧師が郷里伝道のビジョンを神様から与えられて始まった教会。日本ホーリネス教団の北海道の教会は、札幌、旭川、そしてここ芽室キリスト教会の3教会ということですから、働きながら開拓伝道をされた初代牧師の熱意とそれを導かれた御手の業を感じるエピソードです。そんな初代牧師の働きを受け継ぐべく2008年に来られたのが、尾崎先生。

尾崎先生ご夫妻

尾崎先生は、東京都大田区でクリスチャンホームで育ち、洗礼を受けられたのは中学1年生の時。神様にちゃんと向き合おうと祈り始めた中、若者のための教会学校の夏のキャンプでヨハネによる福音書19:28のイエス様の「渇く」という言葉を聞き、イエス様を信じたとのこと。その後自動車工学を学ぶために大学に進まれましたが、L.B.カウマン著「山頂をめざして」を読み、献身を意識するように。後に、それをどこかで拒んでいた自分の姿に祈りの中で気が付かされ、ゲッセマネでの主イエスの祈りに応える道を選んだそうです。「これは自分の力では選べない道でした」と。そのようにして牧師として主に仕える道を歩み始められました。東京や大阪での牧会を経て、ここ十勝・芽室へ来られました。

開拓者精神が今でも息づく十勝にあって、尾崎先生の思いは信徒の方一人ひとりが自ら神様の御前に立ち、そこで応える喜びに生きていくこと。信徒が御言葉を聞いて、世に遣わされていく教会を目指しておられます。

取材日:2016年6月4日
※最新の情報に関しては、教会に直接お問い合わせください。

日本ホーリネス教団芽室キリスト教会
住所:北海道河西郡芽室町東三条南1-3-4(駐車場あり)
交通情報:JR芽室駅から徒歩10分
電話:0155-62-3574
牧師:尾崎豪(たけし)
HP:http://memuro-church.deci.jp
集会案内
・主日礼拝 毎日曜日 午前10:45〜(特に第1日曜日は一般の方向けに配慮した礼拝とのことです!教会は初めてという方はぜひ!)
・チャーチキッズ 毎日曜日 午前9:00〜
・祈り会 毎水曜日 午後7:00〜、毎木曜日 午前10:00〜
※この他、毎年11/3にはバザーやカフェなどももたれる教会感謝祭や教会のご婦人がメインとなって毎年1回程度イベントを行ったりするなどもあるようです。詳しい情報は教会まで。