• 今あるはただ神の恵み

JR福井駅に戻って、今度は福井市の郊外にある坂井市丸岡にある日本キリスト教団丸岡教会にバスで向かいました。バスは京福バスの丸岡線(JR福井駅西口のバスのりば)。乗車時間は約40分ほどで、最寄りのバスの停留所である「丸岡バスターミナル」に到着しました。教会はそこから徒歩5-6分ほどです。

JR福井駅から京福バスで丸岡へ
丸岡バスターミナル

お話を伺ったのは、牧師の佐藤徹(とおる)先生。宮城県仙台市のご出身の佐藤先生が、キリスト教と出会ったのは、19歳の時。当時ご友人であった佐藤先生の奥様が、高校からミッションスクールに通われていたことがきっかけで、教会へ通うように。その付き添いを佐藤先生がお願いされて、先生も何度か教会へ行くことになったそうです。しかし、そのうちに教会に付き添いで行くのに抵抗を感じて、奥様にある時決心して、教会には行かないと宣言されたそうです。当時佐藤先生が住まわれていた場所から教会がとても遠かったというのも理由の一つだったそうで、意を決して伝えたとのこと。伝えた安堵の中で、教会から通うのが大変と感じていた当時住まわれていたご自宅の近くのラーメン店にお二人で入ると、そこに、その無理やり?付き添っていた教会の牧師が…。
「なぜ、ここにいるのか」と唖然とし、驚いていたところ、その牧師に促されるようにして、ラーメンと餃子をごちそうになったそうです。
そして、その牧師先生が「佐藤くん、もうそろそろ聖書をちゃんと学ばないか」と言われて、ごちそうになった手前、もう通うつもりはないなどと言い出せずに、再び教会に通うはめに。
佐藤先生は「神様に首根っこ掴まれて引き戻された」と。そうですよね。そうとしか言い得ないことですよね。「えー!こんなこともあるんだ」と、神様のやり方に面白ささえ感じて、笑いをこらえるのに必死でした。(でも、鳥肌モノですよね〜。凄いです、神様。)

神様に首根っこ掴まれた佐藤先生は、その後牧師への思いが与えられ、大学卒業後神学校へ。卒業後の最初の赴任地がこちらの丸岡教会ということでした。

1915年創立で、先の城之橋教会と同じメソジストの流れをくむ丸岡教会。教会と建物を一つにする緑幼稚園の園庭には「ペチカ」をはじめ、数多くの作品を残し若くして天に召された丸岡町出身の作曲家、今川節の像が。丸岡教会に通い、教会のオルガンに触れたことが、音楽を志すきっかけとのことでした。

そんな丸岡は安土桃山期の天守が現存する丸岡城を有する城下町。時間があったら観光したかった〜。実は丸岡教会の向いのお寺には、キリシタン灯籠とも言われている灯籠があります。そんな歴史ある丸岡で、牧会を始められた佐藤先生ご夫妻がおられる丸岡教会は、首根っこを掴まれた神様をただ頼りに、地域に開かれた教会を願っておられます。

取材日:2016年8月22日
※最新の情報に関しては、教会に直接お問い合わせください。

日本キリスト教団丸岡教会
住所:福井県坂井市丸岡町霞1-5(駐車場あり)
電話:0776-66-7127
牧師:佐藤 徹(とおる)
教会HP:http://midoriyouchien.main.jp/maruoka-church/
集会案内
・主日礼拝 毎日曜日 午前10:30〜
※毎年11月には幼稚園と合同のバザーも。またクリスマスにはキャロリングやイブ礼拝もあります。詳しくは教会へお尋ねください。