• 今あるはただ神の恵み

今回の札幌取材最後の教会はこちらの札幌福音自由教会です。

道路を挟んで札幌大学に面したところにある、こちらの札幌福音自由教会。
取材した時も、近くのコンビニには、札幌大学の学生と思しき若い方がたくさんいらっしゃいました。
その学生が集うエリアに建てられたこの教会は、日本福音自由教会協議会が、「北海道に福音自由の教会を」ということで、今から18年前に建てられた教会です。

その教会を建て上げから牧しておられるのが、こちらの鍛冶 勉先生。

ゼロからの開拓ということで、教会が建てられる前の現地調査から携わってこられた鍛冶先生。
統計情報の調査や、不動産屋さんに物件紹介してもらうなど、具体的に訪問調査している時に、たまたま現在の場所が売りに出されているのを見つけ、購入にこぎつけることが出来たとのことでした。

札幌大学に面しているということもあって、その当初から学生伝道に力を入れてこられたこの教会。
ただ、教会に来るようになる学生数は、年によってかなり変動があるようです。
特に、海外の留学生の参加は、経済状況によって大きく変化するとのこと。リーマンショック以降は、留学生の数自体がかなり少なくなっているとのことです。

そこで、数年前から学生伝道だけでなく、「もっと地元の方への伝道を!」という方針を打ち出すようになられたとのこと。
「親子教室」というかたちで、地域の子育て中の方々が集う場所として教会を開放しておられます。
加えて、教会員のゴスペル指導者に依頼し、ゴスペル教室を開催もしておられます。毎週20名程度の方が集っておられるんだそう!
また、英語教室も開催中です。

いろんな教室を展開しておられるこちらの教会ですが、その当初から、「交わり」ということを大切にしてこられたんだそう。
現在も、食事を持ち寄っての集まりや語らいの時間は、信徒の方同士で大事にしておられるということです。
18年のこの教会の時間の中で、着実に培われてきたことなんですね・・・。

学生伝道をスタートとして始められたこちらの教会。
大学卒業後は離れてしまう人も少なくなく、そのことを祈りの課題としつづけてこられたそうですが、「交わり」ということを、ここでも大切にしようと一つのキーワードを掲げておられます。
それは、SPIN(Sapporo Prayer International Network)。
神様を中心に交わりがつづき、そして人と人とが寄りあうようなものとして切れないつながりを続けていく、ということを願って祈りのネットワークを教会で持ち続けておられます。

学生や留学生という「広がる」つながりと、地域の子どもたちやお母様方という「ローカル」なつながり。
その2つのつながりのSPINの中心として、この教会がこれからも用いられますように!

取材日:2016年9月13日
※最新の情報に関しては、教会に直接お問い合わせください。

日本福音自由教会協議会札幌福音自由教会
住所:北海道札幌市豊平区西岡4条8-4-21
電話:011-855-5844
牧師:鍛冶 勉
教会HP:http://www.sapporo-efc.com/
集会案内
・主日礼拝 毎日曜日 10:20〜12:00
・教会学校 毎日曜日 9:00〜10:00
・夕礼拝 毎日曜日 19:00〜21:00(夕礼拝は、札幌いのちの教会をお借りしております)
【札幌いのちの教会所在地】
札幌市中央区北6条西13丁目3-1
・祈祷会 毎水曜日 20:00〜21:30
・早天祈祷会 毎日 6:00〜7:00
※聖書入門クラス、講読クラスは札幌福音自由教会で随時開催。