• 今あるはただ神の恵み

名古屋郊外の取材、二箇所目の教会は、日本基督教団広路(ひろじ)教会。
地下鉄名城線・鶴舞線「八事」駅で下車して、グーグルの地図ではものの5分ということなのですが、行ってみると、結構な起伏があります。
スーツケースをガラガラ引っ張りながら、地図が示す場所にたどり着くと・・・

「あれ、教会は・・・」と思っていると、ありました、ありました。
教会の看板です。

確かに、こちらが取材先の教会でした。お伺いすると、こちらの長田康志先生が笑顔でお出迎えくださいました。

長田先生に教えていただいたのですが、もともとはこちらの教会は名古屋市の中心部「栄」にあった「第一美普教会」。それが、戦後に土地を求めて郊外のこちらの地に移って来られました。1961年のことです。その元々の教会の歴史から数えると、創立130年となる教会です。

長田先生ご自身は、高校を卒業して直ぐに神学校へ。
「何も知らなかったから、そんなことが出来たんですね」と謙遜しておっしゃいますが、神学校を卒業後は、新潟、島根の教会を経て、こちらの教会に来られてから約30年になられます。

「牧師として大事にしてこられたこととは?」というこちらの問いに、
「教会員同士が、自分たちで交わりを作っていく。そういう形が理想ですね」とおっしゃいます。その背景には、きっと、長田先生ご自身が教会の交わりの中で信仰者として育まれたという経験がおありなのでしょうね。

「特に愛しておられる御言葉は?」と伺いますと、
「明日のことを思い煩うな(マタイ6:34)、でしょうね」とすぐさまお応え下さった長田先生。
「いかに思い煩っているかということがバレてしまいますけど」と冗談めかしておっしゃいますが、「教会には、いろんな方がおられる。その一人ひとりが、日頃背負っている『鎧』を脱いでいられるような教会でありたいですね。」という長田先生の牧会の姿勢が、この一言にあらわれているなぁと思わされた取材でした。

教会外観(取材が長引いて、外が暗くなってしまいました・・・)

取材日:2016年10月13日
※最新の情報に関しては、教会に直接お問い合わせください。

***教会のご案内***
日本基督教団広路教会
牧師:長田康志
〒466-0834  愛知県名古屋市昭和区広路梅園53
電話:052-831-1501
ホームページ:http://hiroji-c.la.coocan.jp/
主日礼拝:日曜日 10:30~12:00
子どもの教会:日曜日 9:30〜10:00