• 今あるはただ神の恵み

愛知県名古屋市郊外の教会取材の最初の教会は、日本基督教団御器所(ごきそ)教会。
何やら難しい地名ですが、どんないわれがあるのでしょうか・・・。

それはともかく、お伺いしたのはこちらの教会。

地下鉄「御器所」駅から歩いて2〜3分でしょうか。しかも、広い歩道から直ぐなので、とってもアクセスが良い教会です。

こちらの御器所教会は、創立1909年という伝統ある教会です。
そういう教会ならでは、なのかもしれませんが、信仰歴の長い方も集っておられて、取材当時は103歳で会社経営に関わっておられる信徒の方が毎週礼拝に集っておられるとのこと。その方は、お父様がこちらの御器所教会創設に関わったお一人。ですから、103年まるまる、この教会と共に歩んでこられた、ということになりますね・・・。いやはや、すごい!

そうしたことを教えて下さったのは、こちらの牧師の船水牧夫先生。
こちらの教会の特徴として教えてくださったのが、礼拝出席の男女比がほぼ同じか、むしろ男性の方が多いということ。それは、この教会の歴史と深い関係があるそうです。
教会の近くには、幾つかの大学があり、こちらの教会を長く牧しておられた土岐林三牧師がそうした大学での聖書研究会を指導しておられたこともあり、そこから大学関係者がこちらの教会に導かれてきたことが多かったそう。そして今は、その「遺産」をどう継承していくかが課題と仰っておられました。

礼拝堂をご案内頂いた時に、真っ先に目に入ってきたのが、この立派なパイプオルガン!
丁度、今度の礼拝のための練習中でした(練習中、失礼いたしました!)。


このパイプオルガンの演奏は、教会ホームページからもお聴きいただけます。

取材日:2016年10月13日
※最新の情報に関しては、教会に直接お問い合わせください。

***教会のご案内***
日本基督教団御器所教会
牧師:船水牧夫
〒466-0015  愛知県名古屋市昭和区御器所通2-15
電話:052-731-5756
ホームページ:http://gokiso-church.or.jp/
主日礼拝:日曜日 10:15~
教会学校:日曜日 9:00〜(分級)、9:30〜(礼拝)
木曜会(聖書の学びをした後、昼食を囲み、信仰の交わりを深める会):毎月第1木曜日 11:00〜14:00