• 今あるはただ神の恵み

尾崎キリスト教会の三谷先生にお車で送っていただいて、到着したのが、今日の最後の取材先である友愛キリスト教会です。

モダンな外見に、真っ赤な十字架が印象的ですね!

こちらの主任牧師は、新井健二先生。

初代の牧師が1994年に開拓されたこの教会を引き継いでの二代目の先生でいらっしゃいます。

各務原市でも少し郊外に建つこちらの教会。
周りには田園風景が広がるこちらの教会の伝道について、先生にお伺いしますと、神奈川県がご出身の先生が初任地としてこちらに来られた時、「岐阜は保守的ですよ」と言われたそうです。
そして、牧師としての経験を重ねる中で、そのことは新井先生ご自身でもお感じになっておられるご様子でした。

そのような地域柄の中で、2005年に現在の会堂が献堂されたことは、新井先生も「一つの奇跡のようなことだと思います」と仰っておられました。

内装もとってもモダンな雰囲気!

伝道が決して簡単ではない地域にあって、なんと3つの家庭集会が開かれているとのこと。
「もっと増やしていきたいんです」と先生は仰っておられましたが、教会に行けなくても、そういった地域に根ざした形での種まきがこの教会の土台を支えているんですね!

新井先生が教会に初めて行かれたのは、二十歳頃のこと。ご友人に誘われてということですが、最初は反発しか感じなかったそうです。
それが24〜5歳になって、当時の様々な思い悩みも重なり、洗礼を受けることに導かれ、そして洗礼を受けると同時に献身の思いが与えられ、その後、神学校に進まれたとのことです。

新井先生は、牧師としての学びを終えてから、社会福祉士と精神保健福祉士の資格を取得しておられます。と言っても、実際に福祉の現場でお働きなのではありません。
「人間をトータル、全人格的に見つめたい」
その思いから、学びをしてこられたのだそうです。
先生曰く、肉体的・精神的・霊的、それらのいずれを欠いても人間をトータルに見つめることにはならない。そしてそれは、福音においてもそうだろう、と。
「福音書のイエス様も、人を癒やす時には、その人に触れていかれた。それはつまり、神様は人間の心だけでなく、肉体を含めたすべてに関心を持っておられることだと思います。」

新井先生は、こういうことも仰っておられました。
「複雑なことは、複雑なまま受け止めたい。単純化することで、かえって分からなくなる。」
この社会や現実は物凄く複雑で、そして傍目には幸せそうに見えていても複雑な事情を抱えている人が少なくない。だからこそ、それらをトータルで受け止めたい。

複雑になって、いろんなことにがんじがらめにされてしまうからこそ、単純化したがるところが私たちにありますが、神様が私たちに見せて下さる現実は、私たちが思う以上にもっともっと豊かなんだろうなと思わされた先生のお話でした。
ありがとうございました!

取材日:2016年10月14日
※最新の情報に関しては、教会に直接お問い合わせください。

***教会のご案内***
友愛キリスト教会
牧師:新井健二
〒504-0802 岐阜県各務原市蘇原持田町1-66-1
電話:058-382-8822
主日礼拝: 日曜日 午前10:30~12:00
教会学校: 日曜日 午前9:45~10:15
聖書の学びとお祈り会:水曜日 午後 7:30~9:00、金曜日 午前10:30~12:00
ホームページ:https://www.yuaichristianchurch.org/