• 今あるはただ神の恵み

次は多治見市です。再び太多線に乗り根本駅で下車。

線路沿いを歩いてすぐに教会が見えてきました。

日本同盟基督教団多治見中央キリスト教会に到着。

牧師の山本陽一郎先生は東京のご出身。
クリスチャンホームで生まれ育ち、14歳の時に受洗。しかし高校生の時に不登校になり、祈っても解決しないことから、神様に対して不信感を抱くようになり次第に教会から離れてしまったとのこと。

何年か後、ただ友達に会うためだけにふらっと教会へ行ったところ、先生いわく「おばちゃんたち」が駆け寄ってきて「よく来てくれたね!」「ずっと祈ってたのよ!」と泣きながら迎えてくれて、まさに放蕩息子が父の元に帰った時のようだったと。それによって心の中のわだかまりが溶けていったそうです。
その後、夕礼拝で語られたイザヤ43章4節「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。」のみ言葉が、今の自分に語られていると信じることが出来て、立ち直ることが出来たそうです。

ペテロのためにイエス様が祈ってくださり、「立ち直ったら兄弟たちを力づけてやりなさい」とおっしゃられた通り、自分もイエス様に祈ってもらって挫折を乗り越えることができたから、次はこの命の言葉を伝える働きをしたい、と献身の決心をされました。

実は山本先生、神学生時代にFEBC放送を録音して、説教の学びのために聴いておられたとのこと!「著名な先生方のお話を無料で聴けるんですから」と、本当にその通りですよね。嬉しいです!

神学校を卒業し、最初に赴任したのがこちらの教会で14年目とのこと。
会堂が老朽化していたため、先生が赴任してすぐに会堂建築が始まり、2年ほどで現在の会堂が完成しました。教会の人数も、当初は20人ほどだったのが徐々に増えて、現在は70名ほど。
理由をお尋ねすると、「なぜでしょう〜(笑)」。
ひとつには、子どもたちが安心して宿題をするために、と学童のように教会を開放したことにより、近隣の子どもたちがたくさん集まるようになったことがあるようです。

その他に、「ガリラヤ会」という高齢の方々の交流会が教会で行われています。
元々は家庭集会だったのが、人数が増えて家に入りきらず教会で行うようになったとのこと。
クリスチャンでない方も、み言葉を中心にした交わりを、とても楽しみに集っておられるそうです。

「普通の人たちが、普通の生活の中で神様に信頼して生きている、そんな教会だと思います」とのこと。山本先生ご自身もそうですが、教会に集う皆さんも自然体だから、みんなが入りやすい雰囲気なのですね。

 

取材日:2016年10月14日
※最新の情報に関しては、教会に直接お問い合わせください。

日本同盟基督教団多治見中央キリスト教会
住所:〒507-0065 岐阜県多治見市根本町3-66
電話:0572-29-4885
牧師:山本陽一郎
教会HP:http://tajimiccc.com/
集会案内
・礼拝 日曜日 10:30〜12:00
・レインボーキッズ(0歳から小学生までの教会学校) 日曜日 9:25〜10:05
・祈り会 水曜日 10:30〜12:00