• 今あるはただ神の恵み

日曜日の午後、いよいよ岐阜県取材の最後の場所に向かいます。

瑞浪駅から徒歩20分、カトリック瑞浪教会へ到着。

この日は、愛知と岐阜の5つの教会から成る「愛岐ブロック」(春日井、高蔵寺、瀬戸、多治見、瑞浪)の会議が行われていました。
各教会の代表者5名ほどが、こうして定期的に集まっておられるそうです。

主任司祭のティブルティウス・ヘリ神父は、インドネシアの神言修道会から日本へ宣教に来られました。

日本での宣教では、言葉の壁が一番の苦労だったとのこと。日本語だけでなく、在日のフィリピン人やブラジル人への宣教のため、英語やその他の言葉も学ばれたそうです。

現在、多治見の修道院で若い司祭の育成も担当なさっておられるとのこと。また、南山大学でもキリスト教学を教えておられ、「とても楽しいです」とのこと。

瑞浪教会は、現在では外国人の方の割合のほうが多いため、ミサは日本語と英語を混ぜて行っているとのこと。
第3日曜日はスペイン語のミサも行われています。

こちらの建物、ふつうの民家のような造りですが、教会として30年前に建てられたそうです。

帰り道、スーツケースをガラガラ引きずって歩いている私を、瑞浪教会の信徒の方が見つけて下さり、駅まで車で送ってくださいました!大変助かりました、ありがとうございました!

 

取材日:2016年10月16日
※最新の情報に関しては、教会に直接お問い合わせください。

カトリック瑞浪教会
住所:〒509-6124    岐阜県瑞浪市一色町4-27
電話:0572-68-3938
主任司祭:ティブルティウス・ヘリ
教会HP:http://nagoya.catholic.jp/shoukyouku_detail.php?id=42
ミサ案内
・日曜 午前9:30、 第3日曜 午前11:00(スペイン語)
・土曜 午後6:30(於 麦の穂学園)
・平日 午前7:00
・初金 午前10:00