• 今あるはただ神の恵み

再びバスにて、今回の取材最後の訪問先である日本基督教団京都御幸町教会向いました。ところが、乗るバスを間違えてしまって…。不慣れな町でバスを使って移動する大変さを改めて感じました。

ちなみに、日本基督教団京都御幸町教会は、市の中心部にあり、バスはもちろん、地下鉄からも行けますので、ご安心ください。最寄りの地下鉄の駅は、東西線「京都市役所前」駅。最寄りのバス停は同じく「京都市役所前」バス停。教会はおのおのそこから徒歩5分ほどのところにあります。

お話を伺ったのは広島県二日市のご出身の牧師の貴田寛仁(きだかんじ)先生。小学3年生の頃から教会に通い、高校3年生の時に受洗された際に、すでに心の中には牧師への道があったそうです。それは、ちょうど学園紛争が教会にも波及していた頃で、通われていた教会には牧師がいない状態であったことがきっかけだったとのこと。
その後神学校へ行かれて、卒業後は長崎活水学院と東京の明治学院高等学校の二つのミッションスクールで長く聖書の授業を担当されながら、地域の教会で牧会にも携わり、定年をきっかけに、2016年4月にこちらの教会へ牧師として赴任されました。


そんな貴田先生が牧師をされている京都御幸町教会ですが、1898年にアメリカ南部メソヂスト教会の神戸地区・京都講義所がルーツという歴史ある教会。しかも、礼拝堂はあのヴォーリズの建築で、1997年には京都市有形指定文化財として登録され、見学される方も多くおられるとのこと。
実は、取材に伺った少し前にも京都の一般の放送局が、教会の敷地内にある京都市中京区の区民の誇りの木にも選定されたザクロの木と共に、この礼拝堂の取材に来られたとのこと。
貴田先生は、都心回帰の時代の流れで、再び人口が増えつつある地域の教会としてありたいとの願いから、こういった取材を広く受け入れていきたいとお話しておられました。

お住いの方はもちろん、観光などで京都においでの際は、ぜひ京都御幸町教会へ足を運ばれてはいかがでしょうか。

取材日:2016年10月24日
※最新の情報に関しては、教会に直接お問い合わせください。

日本基督教団京都御幸町教会
住所:京都市中京区御幸町通二条下る山本町434(駐車場:日曜のみOK)
交通案内:地下鉄東西線「京都市役所前」駅より徒歩5分、「京都市役所前」バス停より徒歩5分
電話:075-231-3441
牧師:貴田(きだ)寛仁
HP:http://k-gokomachi.ciao.jp/
集会案内
・主日礼拝 毎日曜日 午前10:30〜
・教会学校 毎日曜日 午前9:30〜
・祈祷会 毎水曜日 午後2:00〜、第1日曜日 午前10:00〜