• 今あるはただ神の恵み

次の取材先へは、岡山駅から路面電車に乗って向かいます。

門田屋敷で下車、徒歩3分ほどで大きな建物が見えてきました。

日本イエス・キリスト教団岡南(こうなん)教会は、
ずっと以前から、FEBCの働きを覚えて祈りとご支援を下さっている教会です。
いつも本当にありがとうございます!

中島啓一先生、涼子先生にお話を伺いました。

啓一先生は牧師家庭の長男で、イエス様への信仰はごく自然に持っておられたけれども、牧師の道だけは避けていたとのこと。
そんな中、ある牧師先生が自分のために祈って下さった、「この青年が献身して主の御用のために用いられますように」との言葉に、不本意ながらも「アーメン」と言ってしまったそうです。
そこから葛藤しつつも献身について考えるようになり、次のヨナ書のみ言葉が先生の心を捕らえます。

「お前は、自分で労することも育てることもなく、一夜にして生じ、一夜にして滅びたこのとうごまの木さえ惜しんでいる。
それならば、どうしてわたしが、この大いなる都ニネベを惜しまずにいられるだろうか。」ヨナ書4章10〜11節

この国の人を思う神様の御心が迫ってきて、「自分の思いではなく、すべて神様にお任せします」という気持ちになってから、牧師としての道が開かれていったそうです。

岡南教会は、今年で創立92周年を迎えました。
毎週の礼拝には150名ほどの方が集い、パイプオルガンによる伝統的な賛美をとても大切にしておられるそうです。

現在の会堂は、日本におけるキリスト教社会事業の草分け、石井十次氏ゆかりの孤児院の跡地に1991年に完成。今では、神様から離れてしまった魂の孤児たちが、神様の子どもとして新しく生まれ変わる場所となっています。

礼拝堂の他にも色々な部屋、スペースがあり、教会学校やバイブルクラス、年代ごとの集まりなど、さまざまな活動が活発になされています。

  

また、岡山は各教会が教派を超えて協力し合い、市民クリスマスなどを行っているとのこと。
岡南教会は中心的な教会として、色々な会議の場所としてよく利用されるそうです。
そういえば、お尋ねした時にちょうどKGK(キリスト者学生会)の方たちが数名来ておられました。
町内会や近所のマンションの会議にも場所を提供されているとのこと。
近所の方が気軽に出入りできるのは素晴らしいですね。

お訪ねしたのが冬だったのでお花が少ないですが…
キレイに手入れされた屋上のガーデンは、四季折々のお花が楽しめます。

屋上から見える中庭もステキです。

そして、いただいた週報をよく見ると…

FEBCの放送案内が印刷されていました!
ありがとうございます!!

取材日:2017年1月28日
※最新の情報は教会に直接お問い合わせください。

日本イエス・キリスト教団岡南教会
住所:〒703-8275 岡山市中区門田屋敷一丁目3番36号
電話:086-271-0588
牧師:中島啓一
礼拝:毎週日曜日10時半
ホームページ:http://www.kohnan.info/